理事長挨拶

鴨下重彦初代理事長、柳澤正義前理事長の後任として、理事長を拝命いたしました高橋孝雄と申します。

当財団は日本小児科学会創立100周年の記念事業として設立され、以後10年以上にわたって多くの小児科医の方々や協賛企業からの寄付により運営を続けて参りました。当財団は、過去11年間で総額1億2200万円の研究助成、5000万円の海外留学助成、39件の優秀論文表彰、計6回の市民公開講座の開催などの事業を展開して参りました。今年度からは日本小児科学会から経常的な資金援助を頂けることとなり、今まで以上に安定した財団運営、研究助成事業の遂行が可能となると期待されております。

研究は自然科学、社会人文科学としての小児科学の発展にとって不可欠であり、診療、教育の駆動力でもあります。日常診療や後進の指導に明け暮れる日々の中で、若手の小児科医が研究者としてのキャリアを歩む機会を逸することのないよう、今後ともタイムリーな支援を行っていきたいと思います。

財団の運営には皆様からのご寄付が不可欠です。どうか倍旧のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

公益財団法人小児医学研究振興財団
理事長 高橋孝雄



公益財団法人 小児医学研究振興財団
〒110-0015 東京都台東区東上野3-32-2 広瀬ビル4B
TEL:03-5818-2601
FAX:03-5818-2602
個人情報保護について
Copyright(C)JAPAN FOUNDATION FOR PEDIATRIC RESERCH. All Rights Reserved.