理事長挨拶

日頃、公益財団法人小児医学研究振興財団に対しまして、格別のご支援、ご協力を賜わり、深く感謝申し上げます。

平成23年11月10日、財団設立準備から、終始、先頭に立って導いて来られた鴨下重彦前理事長が急逝され、私こと、後を引き継いで、理事長を務めております。身に余る重責ではありますが、財団の健全な運営と一層の発展のため、誠心誠意、務めを果たす所存でありますので、ご指導のほどよろしくお願い申し上げます。

ご承知のように、当財団は、日本小児科学会創立100周年記念事業の一環として計画され、日本小児科学会とその会員、並びに日本製薬団体連合会を始め多くの皆様のご支援のもと、平成20年4月に設立され、平成23年4月には公益財団法人への移行認定を受けることができました。

昨今、少子化の進行、子ども達の心の問題の深刻化、子ども虐待の激増など、小児医学・医療・保健・福祉に関係する課題は山積しております。子ども達の心身の健康を守る小児科医や小児医学研究者を支援するという当財団の役割はますます重要になっており、財団が行って参りました研究助成、海外留学フェローシップ、優秀論文表彰、また市民公開講座等の事業を、今後、さらに充実させていかなければなりません。

それには、財団の財政面の強化を図る必要があり、小児医学医療関係者、企業の方々、また、一般の方々からのご協力が不可欠です。公益財団法人として、ご寄付に対しましては税制上の優遇措置を受けることができますので、ぜひともご寄付をお寄せ下さいますようお願い申し上げます。

平成26年10月
公益財団法人小児医学研究振興財団
理事長 柳澤正義



公益財団法人 小児医学研究振興財団
〒110-0015 東京都台東区東上野3-32-2 広瀬ビル4B
TEL:03-5818-2601
FAX:03-5818-2602
個人情報保護について
Copyright(C)JAPAN FOUNDATION FOR PEDIATRIC RESERCH. All Rights Reserved.